ジーキャッシュ(ZEC)の特徴

ジーキャッシュ(ZEC)とは

・通貨名:ZEC
・取引開始日:2016年10月28日
・発行上限:21,000,000 ZEC
・ブロック認証サイクル:2分30秒(ビットコインの1/4)
・コンセンサス:Pow(プルーフ・オブ・ワーク)
・半減期:4年に1度 ・コンセンサスアルゴリズム:PoW

「匿名系仮想通貨」である。

ジーキャッシュとビットコインの違い

ジーキャッシュはビットコインと似ている部分が多いです。
発行枚数:2100万枚
ブロック生成間隔:10分
コンセンサス:Pow(プルーフ・オブ・ワーク)
半減期:4年

これらはビットコインと同じです。
大きな違いといえば、「秘匿性」です。
ビットコインのブロックチェーンデータは、誰でも観覧することが可能で、利用者のアドレスによって送金・受取の流れが公開されている状態になっています。
その為、その人のアドレスをもとに、「どのような取引を行いどれほど保有しているか」といったことも知られてしまう可能性はあります。
このような仕組みだと安心してビットコインを持てないと言う人も出てくるはずです。
そして、ビットコインに欠けていた、秘匿性を補う形で応えたのが、ジーキャッシュで、「ゼロ知識証明」による秘匿性によって、アドレスなどからの取引追跡を防ぐことを実現させました。

歴史と背景

仮想通貨界隈でよく話題に上るJPモルガンですが、
Zcash( ジーキャッシュ・ZEC)のゼロ知識証明の技術が、JPモルガンによって開発されたブロックチェーン技術であるQuorumに搭載されてます。
以前JPモルガンとZcash(ジーキャッシュ・ZEC)との技術提携で価格が跳ね上がりましたが、
Zcash( ジーキャッシュ・ZEC)自体がJPモルガンのシステムと統合する訳ではなく、
あくまでゼロ知識証明の技術提携をしただけなので、XRPのように国際送金に実際に使われるわけではありません。これが影響したのか、価格はその後大きく落ちたりしました。

ゼロ知識証明による匿名性

ゼロ知識証明とは、取引の安全性を、本人の情報以外の情報を必要とせずに、安全を証明する方法のことです。
ゼロ知識証明により送信者・受信者はもちろん、取引金額、その他の情報まで含め完全非公開で仮想通貨の取引を行うことが可能になります。
とはいっても、これは取引所を介さずに送金する場合の話で、個人情報を登録する必要のある取引所を利用した場合は当然取引所を介して取引内容が閲覧されます。

ウィキリークスで寄付を受付として使用される

ウィきりークス(Wikileaks)は2006年にジュリアン・アサンジ氏が設立した、匿名により政府や企業などに関する機密情報を公開するウェブサイトです。
運営委員会を中心に1,000人以上のボランティアが組織を支えています。現在、運営は寄付によって行われています。
以前からウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジ氏はZcash(ジーキャッシュ・ZEC)の可能性に注目していました。
そして、寄付の方法の一つに、仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)が採用されました。
ウィキリークスの自体の活動内容云々は抜きにして考えると、仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の「匿名性」が評価され実用された例としては大きいでしょう。

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)のロードマップ

2018年において、Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)は、仮想通貨としてのパフォーマンス向上および、セキュリティ向上及び安定性の向上を最重要課題に掲げています。

2018年には2つのアップデートが控えています。プロジェクト名は「Overwinter」と「Sapling」です。この2つのアップデートの目的は、パフォーマンス・安全性・顧客満足度の向上です。
2018年6月に「Overwinter」が開始され、ユーザーの安全性を確保してネットワークを強化します。
2018年9月に「Sapling」が開始されます。Saplingプロトコルという機能を実装し、Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の強みであるプライバシー保護のため、暗号化技術をアップグレードさせるそうです。
また、スマートフォン領域で仮想通貨のパイオニアを目指すそうです。20億人市場と呼ばれるスマートフォン領域においてイニシアティブを取ろうとしているのは長期的に見て期待が持てます。

ジーキャッシュの良い点、問題点

秘匿性の高さ故、取引履歴の流出からハッカーなどに狙われるような脅威は極めて低い。
また、開発・運営は『Zcash Foundation』という非営利団体が行っており、定期的にアップデートを行い、日々進化をしている点も強みと言えます。

その一方で、秘匿性の高さがマイナスに働くという考えもあります。犯罪やマネーロンダリングなどの裏金に利用されることへの懸念されます。
本来の秘匿性の高さは利用者のためであるものの、ある意味では、悪く評価される場面も表裏一体で存在していることは問題点といえるでしょう。

取り扱いのあるオススメ取引所

バイナンス

 

Houbi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。