ネムNEM(XEM)の特徴

NEM(XEM)とは

bitcointalkのフォーラムのutopianfutureというハンドルネームのチームによって開発された仮想通貨です。
名前の由来はNew Economy Movement(新しい経済運動)で、新たな経済運動を起こすことを目的としています。
XEMとはNEMプラットフォーム上で発行された仮想通貨の単位のことを指します。
また、NEMは、新しい仮想通貨の発行機能、公証機能など、他のプラットフォームでもできる機能も多いですが、、Proof of Importance(PoI)という独自の取引の承認システムを採用しています。

公開日: 2015年3月31日
発行上限枚数:8,999,999,999XEM

 

全体を簡単に理解するには次の動画が非常にわかりやすいです。見ていてワクワクしますよ♪

仮想通貨NEM(XEM)の特徴

・コンセンサスアルゴリズムにPoI(Proof of Importance)を採用
・マイニングの代わりにハーベスト(Harvest)を行う
ネームスペースモザイクという仕組みがある
・送金の時にはメッセージを付ける必要がある。

○PoI(Proof of Importance)

NEM(XEM)のコンセンサスアルゴリズム(取引の承認を誰がするかの決め方)はPoI(Proof of Importance)という独自の仕組みを採用しています。
PoIはPoS(Proof of Stake)を改良して作られたものとなります。

○PoS(Proof of Stake/プルーフオブステーク)

PoS(Proof of Stake)は保有している通貨の量に比例して取引の承認権を得やすいという仕組みです。
ビットコインなどで採用されている、PoW(Proof of Work/プルーフオブワーク)の「電気代がかかりすぎる」という問題点を解決するために考案されました。
しかし、この方式だと、通貨を保有し続けてしまう(流動性が下がる)という問題点が出てきたため、さらにこれを解決する為にPoIが考案されました。

■PoIのメリット・デメリット

[メリット]:取引の活発さを考慮することで流動性を保てる

PoIはImportance(重要度)という値が高いほど取引の承認権を得やすいという仕組みです。
Importanceは保有している通貨の量だけでなく、取引の活発さも考慮して算出されます。
ここが流動性が下がることをいくらか解消している為、PoSより優れています。
また、不正にImportanceを上げることができないように取引が活発に行われている集団をグルーピングして、その集団が小さい場合には
評価が上がりにくいようにするなどの対策もされています。

[デメリット]:通貨の保有量が多い人が有利

メリットで述べたようにImportance(重要度)の算出はしているものの、現状としてはやはり、通貨の保有量が多い人が取引の承認権を独占する傾向にあります。
そのため、まだまだ流動性の低下を食い止めるにいたってないところがあるようです。

ハーベスト(Harvest)

ビットコインのマイニング作業を、NEM(XEM)ではハーベスト(Harvest)と呼び、取引の承認をします。
ハーベストは電力をあまり必要としませんが、少し中央集権的な側面があります。
また、ハーベストには、[ローカルハーベスト][デリゲートハーベスト]の2種類あります。

○ローカルハーベスト

ローカルハーベストは自分でハーベストを行うという方法です。「既得バランス(Vested Balance)」が10,000XEM以上でないと出来ません。
この既得バランスというのは、NEM公式のNano Walletというウォレットの中に入れてからある程度の期間経過したXEMのことを指します。
この条件を満たし、パソコンを常にオンラインにしておくと、たまに自分に取引の承認権が回ってきて、パソコンがそのための作業を行います。
取引の承認権が回ってくる確率はImportance(重要度)に依存します。
ハーベストは約1分間に一度行われ、取引の承認を行うと、その1分間に行われた取引の手数料をもらうことが可能となります。

○デリゲートハーベスト(委任ハーベスト)

スーパーノードと呼ばれる特別なノードにハーベストを委任し、報酬の一部をもらうというハーベストのやり方をデリゲートハーベストと呼びます。
高い計算力を持つスーパーノードが取引の承認を行うため、NEMの送金スピードを向上させることとなります。

スーパーノードとは

スーパーノードとは、NEMのブロックチェーンをすべて保管しているノードのことです。
・高速なインターネット通信が可能
・常にインターネットに接続
・300万XEM以上を保有
・高速な計算が可能
などの条件を満たす必要があります。。
さらに、この条件を満たしているかどうか1日に4回チェックが入ります。

このスーパーノードはハーベストで大きな収入を毎日得られる上、
NEMのシステムを高速にかつ強力に保つというという大きな役割を果たしているという理由で、
現在は約320XEMが毎日与えられることとなっています。

送金に必要なメッセージ

NEMは取引所への送金の歳、メッセージが必要になります。
(※ビットコインなど他の通過でもメッセージ機能を使うことはできます。)
これは、どのアカウントにNEMを送金するかを識別するために必要であるからです。
具体的には、NEMを取引所へ送金する場合、「取引所のアドレスの中の、メッセージで指定されたアカウント」に入金が反映されるという仕組みとなります。

カタパルト(大型アップデート)

NEMは、カタパルトという大型のアップデートを先に控えてます、これによりNEMブロックチェーンの性能が大幅に向上することが期待できます。
最も注目されているポイントは、「1秒あたり約4,000件のトランザクション処理が可能になる」という点です。これは送金に特化したリップル(1秒で1500件)をも凌ぐ速さとなります。
実装時期については2018年5月という予定となっています(延期になる可能性も否めませんが)

mijin

mijinはXEMを語る上では必須な項目ですが、次の動画でほぼほぼわかると思うので、こちらをどうぞ

アポスティーユ(Apostille)

NEMのアポスティーユ(Apostille)とは、ブロックチェーン技術を利用した、公証ができるサービスです。
アポスティーユを利用すると、土地や自動車の所有権の登記、契約書やメールなどのタイムスタンプ記録、売上データなどの監査が必要となるデータの記録などができます。
ブロックチェーンの承認システムや、改ざんができないという特徴が、この公証(アポスティーユ)と非常に相性がいいのです。
さらに、権利の譲渡が可能であり、公証をする上で第三者を通す必要もないので、かなり応用がきくと考えられます。
この仕組みは、Nano Walletのアカウントがあれば誰でも利用することが出来ます。(4XEMの手数料が必要)

取り扱いのあるオススメ取引所

Zaif

 

バイナンス

 

bittrex

3 件のコメント

  • すらりんさんこれ全部1人でやったんですか?w
    凄すぎて言葉でないんですけど…
    構成からなんやらどんだけの時間が必要なのか
    自分には無理かもしれないって思いましたw
    でもやれる限り頑張ります!

    • なんというお褒めの言葉w
      そうなんですよ~もちろん一人ですww
      構成を最初に考えたがゆえにちょっとボリューム多くなったんですけど、
      最終形はいい感じになりましたw
      公開するまでずっとモヤモヤしてましたがwやっとレベル1って感じですね~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。