ライトコイン(Litecoin)の特徴

ライトコイン(LTC)とは

ライトコインはGoogle出身で大手取引所Coinbaseでも働いていたチャーリー・リーによって、
ビットコインを金だとすると、ライトコインは銀のポジションを狙う
というコンセプトで、ビットコインのソースコードをもとに開発された、数多くあるアルトコインの中でも最初の方に作成された仮想通貨です。

通貨単位:LTC
供給上限:8400万枚(ビットコインの4倍)
送金スピード:約2.5分に1ブロック生成(ビットコインは約10分に1ブロック生成)

一番の特徴

ライトコイン(LTC)はSegwitの成功により、承認時間が短くなり、2重支払いが防止できるようになったことが最大の特徴です。
Segwitによって、一度に送信可能な取引量が増え、承認が遅延する問題が改善されました。
また、承認時間の問題が改善したことにより、承認待ちの間に行われてしまう「2重支払い」と呼ばれるサイバー攻撃に強くなりました。

承認システム

ライトコイン(LTC)のマイニングの承認システムは「Pow(プルーフオブワーク)」を採用しており、ビットコインと同様です。
マイナーたちに計算をさせることで、ブロックの正当性を保障してます。
ライトコインではScryptという暗号生成アルゴリズムを用いています(ビットコインはSHA256というアルゴリズム)
公開当時、ScryptはSHA-256よりも計算が複雑でマシンメモリをより多く必要としていました。ビットコインのマイニングは、マイニング専用のハードウェア(ASIC)の導入によりマイニングの難易度が急上昇していたため、
まだASICの開発がなされていないScryptは画期的でした。しかし今は、Scryptに対応したマイニング専用ハードウェアASICの開発が完了して発売されており、SHA-256とは違い、このScryptはこれまであまり使用されてこなかった暗号化方式の関数(ハッシュ関数)を使用しているという点で、
今後何らかの脆弱性が発見される可能性は否めないと考えられます。

ライトコインの今後

ライトニングネットワークが導入されるようになれば、マイナーに支払う手数料が安くなり、送金コストが安くなることが見込めます。
また、ライトコインの開発コミュニティは活発で、問題改善やサービス向上に積極的な為、開発スピードも速く、スピードも求められる仮想通貨の世界では期待出来ます。
また、チャーリー・リーという明確な開発者がいる為、ビットコインに比べ、方向性の立て方などのスピード感にも期待出来ます。

取り扱いのあるオススメ取引所

bitbank

 

GMOコイン

 

bitFlyer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。