[仮想通貨]取引所ランキング

仮想通貨投資をするには分散投資をすることが非常に重要であることから、

初心者から、中級者、上級者になるにつれて、いろいろな取引所に口座をもつことになりますが、

初心者のうちは、まずどこから開設するべきか?と戸惑ってしまうかもしれません。

最初は口座開設の簡単な入力作業すら億劫になってしますかもしれないかもしれませんので、

筆者がオススメする必須の取引所をピックアップしてみますので、もしよければご参考にしてください。

ベスト5を理由を添えてご紹介します。

第1位:Zaif(公式サイトへ)

Zaifはテックビューロ株式会社が運営している取引所で、かの有名な堀江隆文こと、「ホリエモン」が監修したことでも有名です。世界にイノベーションを起こしそうなにおいがプンプンしますね。

オススメする理由

①仮想通貨の積み立て投資が出来る。

売買やトレードが苦手な人にとっては、非常にありがたいサービスです。仮想通貨そのものにはとても興味がるけど、売買のタイミングを計ったりするのが嫌だ。めんどくさい。って思う方にうってつけです。金やプラチナなどと同様に積み立てすることが出来ます。積み立て投資は、毎月決まった日に決まった固定額を引き落としてもらいます。金額は自分で決められます。買いたいコインの種類も指定できます。当然、買い付けは自動的に行われるため、一度設定してしまえば、あとは忘れていても自動的に毎月決まった金額分のコインを取得することが出来ます。

買い付けの方法は「ドル・コスト平均法」と呼ばれる投資の一種です。相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えます。

積み立ての金額は1000円単位で、最大毎月100万円まで設定可能です、申し込み方法はすべてオンラインで済ませることができ、銀行印とうは必要ありません。また、積立額はいつでも自由に変更することが可能です。

長期投資でリスクを軽減し、安定した収益を目指すものですので、そういった投資方法が合う方にはオススメです。安定的に手堅く仮想通貨に投資がしたい。という方には非常に合っていると思います。

②独自トークンを扱っている

Zaif取引所のオリジナルトークンであるZAIFトークンをはじめ、海外でも人気のPEPECASHや、企業トークンであるカイカコイン、フィスココインなどを扱っています。2018年はトークンエコノミーの発展が非常に期待される分野であり、この分野への投資が出来る取引所は今のところZaifが先頭を走っています。時代にイノベーションを起こすかもしれないこのトークンへの投資が出来るということは大きなメリットです。

③ビットコインの取引手数料がマイナスです!

マイナスってなんやねん!って感じですが、文字通り、取引すればするほど手数料が貰えるということです。

他の取引所はもちろん取引手数料は払うものですので、これは素晴らしいメリットですね。

④アルトコインの板取引が出来る。

Zaifは販売所ではなく、取引所ですので、アルトコインの売買も板取引が出来ます。NEM/XEMやMONA(モナコイン)などの人気のコインも板取引できるので、スプレッド負けを気にせず、自分の希望の価格に指値注文が出せます。出来るだけ割安でコインを仕入れたいなら非常に重要な項目となります。

Zaifの公式サイトを見てみる

 

第2位:bitbank.cc(公式サイトへ)

ビットバンクはセキュリティにかなり力を入れています。仮想通貨は安全に保管、取引できてなんぼって側面がかなり強いので、このあたりの安全性を重視する方には非常にオススメとなります。また、bitbankはビットコインFXができるbitbank Tradeも運営しています。ビットコインFXトレード(BTCUSDのみ)がレバレッジ最大20倍で利用できます。

オススメする理由

①セキュリティが強い

上記にもあるように、セキュリティにかなりの力を入れている取引所となります。2018年はコインチェックのNEM/XEMのハッキング事件もありましたが、事件があったことで、いかにセキュリティが重要な要素であるか気づいたユーザーも多いと思いますが、仮想通貨の取引をするうえで、何よりも重視すべき点です。そこが強いというのは大きなメリットと言えます。保管方法としては、コールドウォレット方式を採用しており(インターネットと切り離した状態でコインを保存しておくこと)、マルチシグ(簡単にいうと複数の承認がないと取引が成立しない)にも対応してます。

②アルトコインの板取引が出来る

日本人に大人気のリップル(XRP)の板取引もできますし、その他、イーサリアムやモナコインなど、すべての取り扱いアルトコインの板取引が出来ます。こと点は販売所と違い、頻繁にトレードしたい方にとっては、スプレッドを強く心配する必要もなく、ありがたい形式です。

③分析ツールが使いやすい

見た目が美しく、見やすいのも特徴の分析ツールですが、初心者でも感覚的に非常に使いやすい分析ツールとなっています。第1位でも紹介した、Zaifの分析ツールとほとんど使用感も同じで使えますので、こちらを使いこなせば、Zaifの分析ツールも使えることになるので、一石二鳥です。

④本気のビットコインFXが出来る

日本の取引所ではレバレッジを小さく制限されているところも多いですが、bitbankの運営する、bitbank Tradeの方では、追証なしで、最大20倍のレバレッジ取引が可能です。大きくトレードしたい方にとっては助かるサービスです。

bitbankの公式サイトを見てみる

 

第3位:DMM Bitcoin(公式サイトへ)

DMM Bitcoinの大きな特徴としては、アルトコインのFX(レバレッジ取引)が出来るという点です。

ビットコインの他に、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの7種類の通貨でレバレッジ取引が出来ます。他の取引所にもアルトコインのFXを出来るところもありますが、現在ではDMM Bitcoinがダントツで扱える通貨の種類が多いです。

オススメする理由

①アルトコインのレバレッジ取引が出来る。

冒頭でも述べたように、アルトコインのFXができるコインの種類が多い点です、相場をしっかりと読むことが出来れば、小さな資金でも大きく張ることが出来ます。基本的にアルトコインのFXは出来ない取引所が多いので、頻繁にFXをしない方でも、単発的に使用する為にも、口座は持っておきたいところです。ちなみに最大レバレッジは5倍となっています。

②スマホやPCで本格的なトレードが可能

トレードの画面には、経済指標のカレンダーなどが見えるようになっており、チャートのテクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルの情報も多く仕入れることが簡単にでき、本格的にトレードすることが可能です。

DMM bitcoinの公式サイトを見てみる

 

第4位:GMOコイン(公式サイトへ)

GMOコインはGMOインターネット株式会社の傘下であり、「販売所」形式の取引所となります。仮想通貨FXに特化した取引所であり、レバレッジは最大で10倍です。

オススメする理由

①アプリがすごく使いやすい

FXなどの取引でも今まで名をはせたさすがのGMOですので、取引ツールが非常に仕上がっています。FXなどでの投資経験がある方にとっては、ほとんど、使い勝手も変わりませんので、慣れ親しんだ方にとっては非常にとっつきやすいです。仮想通貨FX専用のアプリ「ビットレ君」もあり、非常に評判がいいです。チャートの機能も充実しているため、実際にトレードをしなくとも、分析などのためだけにアプリをインストールする方も多いようです。

②手数料がすべて無料

入金、出金、取引手数料がすべて無料となります。手数料が気になる方にはとてもありがたいところですね。

③スプレッドが狭い

販売所形式の取引所では多くの場合、スプレッドが広いのが普通ですが、相対的に見て、スプレッドが狭い傾向にあります。ただし、値動きの激しいときなどは急激に広がったりすることもあるようなので、その点には注意が必要です。

GMOコインの公式サイトを見てみる

 

第5位:bitFlyer(公式サイトへ)

bitFlyerは2014年に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。リクルートやGMOインターネットなどの大手企業がたくさん出資していることも有名で日本の取引所の中ではトップクラスに資本力のある取引所です。セキュリティに関してもかなり力を入れており、セキュリティの分野において、最近では世界一にもなりました。また、スマホアプリについても「使いやすい」との評判も多く、簡単に仮想通貨のトレードをしたい方にとってはとてもありがたい取引所になります。少しずつアルトコインの取り扱いの種類も増えており、ますます期待できる取引所になると思われます。

オススメする理由

①セキュリティが強い

冒頭にも述べたように、セキュリティの強さは申し分ありません。多くのスペシャリストを社員に持つため、セキュリティの分野においては先頭を走り続けることは間違いないでしょう。セキュリティが土台になる仮想通貨の世界において一番重要なポイントが押さえられるのは大きなメリットと言えます。

②ビットコインの取引量、ユーザー数が日本一

信頼性の指標である、取引量、ユーザーの数がぶっちぎりで日本一です。仮想通貨の取引所の中では、歴史の深い取引所でもあるので、日本の仮想通貨取引所のパイオニアとして、先頭を走り続ける可能性も高いです。また、取引量やユーザー数が多いと、手数料も安く押さえられることも多いので、今後ますます利用者が増えた場合にもメリットが膨らむかもしれません。

③不正ログインの際に補償のサービスがある

万が一ハッキングにあった場合に補償を受けることができます。(日本円のみ)対象にに条件があり、「2段階認証をしている」、「預り金が円換算で合計100万円以上なら500万円まで補償」、「預り金が円換算で合計100万円以内なら10万円まで補償」です。セキュリティも強い上に補償まで効いてるとなると、これ以上の保険はないかもしれないですね。

④PCの画面もスマホアプリも使い勝手がいい

初心者でも感覚的にわかりやすく、視覚的にも聴覚的にも使いやすい仕様となってます。取引が成立すると特定の音がなったり、ユーザーの使い勝手を追求された、非常に考えられたつくりになっています。

GMOコインの公式サイトを見てみる

 

番外編:海外の取引所

番外編と書きましたが、海外の取引所も使いこなせた方が当然稼ぐことが出来る可能性は広がります。初心者の方は日本の取引所の方がとっつきやすいかもしれませんが、仮想通貨のトレーダーは日本人の比率が世界的に見ても高いところから、海外の取引所でも日本語に対応しているところもたくさんあります。その中でもここだけは開設しておいたらいいよ。ってところをピックアップしますので、チャレンジしてみてもいいと思います。(ちなみに全然難しいことはありません)

Binance(バイナンス)→公式サイトへ

海外取引所と言っても世界中たくさんありますが、ここは必ず押さえておくべきです。取引所としてスタートしたのは2017年7月~と割と新しい取引所ですが、すでに世界ナンバー1の取引所となりました。経営者の腕もさることながら、取り扱い銘柄のセンスなども良く(ユーザーからのアンケートなどを行っているため)日本語対応はもちろん、使いやすさも一級品です。世界一というだけあって、出来高も多く、板取引なども盛んに行われているため、トレードが成立しやすいです。

バイナンスの公式サイトを見てみる

 

Houbi(フォビ)→公式サイトへ

日本語対応してます。元々中国の取引所でしたが、現在では香港に拠点を移しています。最近、急激に取り扱い通貨の種類も増え、取引所の独自トークを発行するなど、勢いのある取引所で、夢のあるマイナーなコインもたくさん取り扱っています。USDTのマーケットも豊富で、基軸になる仮想通貨を保有せずに、USDTに変えておいたりすることで、価格変動リスクに対する対策の取り方も戦略に応じて立てられます。最近では日本人を意識した銘柄上場もされているため、日本人に使いやすく進化していく可能性も高いと考えられます。

Houbiの公式サイトを見てみる

 

海外取引所もコインの分散管理という意味でも最低2つくらいは開設しておくと安心かと思います。同じコインでも同じ取引所にすべておいておくのではなく、半分ずつ別々の取引所に置いておくことで、ハッキングなどの非常事態が起きたときでも被害を小さく出来ますので、そのあたりも考慮して使いこなしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。