仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違い

仮想通貨を取り扱う業者には「取引所」「販売所」というものがあります。

これらの2つには違いがありますので、それぞれどういった内容なのかを解説します。

取引所

仮想通貨の取引所とは、文字通り、ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を「取引」する場所です。

「取引」とは、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチさせ、個人間で取引を成立させることです。

取引所では個人同士でのやり取りの場を提唱する役割を果たします。

販売所

仮想通貨の販売所とは、こちらも文字通りビットコインやアルトコインなどの仮想通貨を「販売」している場所です。

こちらは個人間でのやりとりではなく、「販売所を運営している会社」と「個人」で仮想通貨を売買します。

取引では手数料が非常に安い、もしくは掛からないところも多いですが、販売所では数%の手数料がかかるのが一般的です。

会社によっては、販売所の役割も、取引所の役割もどちらも担うこともあります。
一部のコインのみ、取引が出来て、他のコインは販売しかしていないなどです。

「取引所」「販売所」どちらで取引すればいいの?

どちらにもメリット、デメリットはありますが、多くの人は「販売所」よりも「取引所」で
取引した方が、基本的には安くコインを買えて、安くコインを売ることが出来ます。

コインの価格というのは、買いたい人の買いたい価格、売りたい人の売りたい価格
によって決まっています。その価格というのは、各取引所にて「板」と呼ばれる場所に
希望の価格とコインの量を出しておき、取引がマッチするのを待つことになります。

取引所によって、価格に差が生まれるのは、各取引所での個人の取引にズレが生じるためですが、
最近ではこの価格の差もあまり出ないようになってきています。

「取引所」で取引することにより、運営会社に支払う手数料が非常に小さく抑えられるので、
「取引所」で取引することをオススメします。

※例外的に、「販売所」の方がお得な場面もあります。(超お金持ちにしか関係ないので、知っておくくらいでいいでしょう)
取引所では、大量のコインを売買すると、売買したいコインの総量に達するまで、「買い価格」、もしくは、「売り価格」を
ドンドン食っていかなければなりません(消化)売買したいコイン量が多ければ多いほど、自分自身で価格を上げてしまったり、
下げてしまったりするということになってしまうのです。
ですので、大量に取引を行う方には不向きです。
一方、販売所では、手数料はコインの枚数には関係ありません。1枚でも10万枚でも同じです。
ですので、ある一定の条件下では「販売所」の方が有利に働く場面もあるってことですね。
ただし、ほとんどこの恩恵を受けているひとはいないと考えられますが。笑

特に頻繁に売買(トレード)をしていきたいという方は必ず「取引所」を使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。