イーサリアム(Ethereum)の特徴

イーサリアム(ETH)とは

イーサリアムは、2013年にヴィタリック・ブテリンというロシア人の当時19歳だった青年によって開発された仮想通貨です。
ヴィタリック・ブテリンは現在もイーサリアムの開発チームの中心におり、例えば、オミセゴー(OMG)など他の仮想通貨のプロジェクトのアドバイザーとしても活躍しています。
最近ではロシアのプーチン大統領と対談したり、多くの国の主要人物と階段を行うなど、仮想通貨界の若き天才です。仮想通貨を語る上では歴史的な人物になることは間違いないので、今後も動向を注目していくといいでしょう。
そして、イーサリアムというのは、プラットフォームの名称であり、そのトークンがイーサ(ETH)です。
イーサリアムはビットコインの決済や送金に加えて、「契約機能」を備えたスマートコントラクト」という技術が特徴となります。
そして、「スマートコントラクト」を利用した、分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームとして作られた仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムは、ビットコインと同様に、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を利用したブロックチェーンによって作られた仮想通貨です。
ビットコインの発行上限が2100万枚に対し、イーサリアムには発行上限が定められていません
(ちなみに、「発行上限が定められていない」だけであり、今後、発行上限が定められることが予定されています。)
また、ブロック生成時間は、ビットコインが10分なのに対し、15秒と非常に速いです。
また、送金にかかる手数料も安くマイクロペイメントに向いています。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは一言でいうと、
「人の手を介さずに契約を児童かつ正確に実行する仕組み」です。
ブロックチェーンとスマートコントラクトを組み合わせることにより、煩わしい、さまざまな契約を人の手を介さずに行えるようにすることで、
効率化を図る狙いがあります。
スマートコントラクトの応用方法はかなり多岐にわたります。世の中にある、さまざまな事業は少なからず、契約を交わす場面があるものです。
また、それは人の手を介して行っていることが大半です。これをスマートコントラクトとブロックチェーンを組み合わせることで、改ざん不能な契約を自動で行えるようになります。
また、イーサリアムはプルーフ・オブ・ワーク(Pow)を採用しているため、マイナーにより監視されており透明性が保たれています。
人の手を介して行っていたものを自動化しすることで、コスト削減も出来る上、契約の透明性が保証されることや、詐欺などのリスク軽減にも役立つと期待されています。

スマートコントラクトの燃料であるガス(Gas)とは

ブロックチェーン上で、スマートコントラクトを実行するには、手続きに間違いがあってはならないことや、正確さを保つために、難解な計算が必要になります。
また、外部からの攻撃による、不正を防がなければなりません。その為にある仕組みがガス(Gas)です。
スマートコントラクトを実行するには燃料となる少額のETHが必要になります。(消費する手数料のようなもの)
また、Gasの価格はイーサリアムプラットフォーム全体の利用状況などに応じて常に調整されているので、送金やdAppsを利用する際にはGasの価格に気をつけないといけません。

イーサリアム(ETH)の4段階のハードフォーク

2013年に誕生したばかりのイーサリアムですが、4段階のアップデートにより完成する予定です。
各段階は、
Frontier(フロンティア)
Homestead(ホームステッド)
Metropolis(メトロポリス)
Serenity(セレニティ)
と名付けられ、現在はメトロポリスの段階です。
Metropolis(メトロポリス)はさらに
Byzantium(ビザンチウム)
Constantinople(コンスタンティノープル)
の2段階に分かれており、
2017年10月17日にビザンチウムハードフォークまで完了してます
Constantinople(コンスタンティノープル)ではセキュリティや匿名性の強化、マイニングアルゴリズムをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行する準備がされることになっています。
最後のSerenity(セレニティ)は2018年中に行われる予定となっています。
ところが、マイニングのアルゴリズムがプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行すると、今まで使っていたマイニング機材が使えなくなってしまうため、マイナーからの反発などが考えられ、今後の展開に注目です。

イーサリアムと分散型アプリケーション(dApps)とは

イーサリアムは分散型アプリケーション(dApps)のプラットフォームとして作られた仮想通貨です。
つまり、イーサリアムのブロックチェーン上に、イーサリアムをベースとした新たなトークンを作り、dAppsとして動かすことができます。
イーサリアムをベースとして作られたトークンを「ERC20トークン」と呼びます。
ERC20トークンのマイニングアルゴリズムはイーサリアムと同様に、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)で、もちろんスマートコントラクト機能を持ちます。
また、My Ether Wallet(マイイーサウォレット)などのイーサリアムの専用ウォレットを流用できるなど、非常に扱いやすいものとなっています。

取り扱いのあるオススメ取引所

Zaif

 

bitbank

 

DMM bitcoin

 

GMOコイン

 

bitFlyer

 

バイナンス

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。