イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の特徴

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシックとはイーサリアムから分裂して登場した暗号通貨です。
公開日:2016年7月20日
発行上限枚数:理論上無限
となります。

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)が作られた目的

「The DAO」というイーサリアムの脆弱性を突かれたプロジェクトがあり、その対処法において、2つに意見が分かれたことが始まりです。
(DAOというイーサリアムを使用して開発された仮想通貨に、50億円以上のハッキング被害があった事件です。)

2つの意見というのは

・盗まれた資金を凍結させる(ソフトフォーク)
・盗まれる前の状態に戻す(ハードフォーク)

そしてハードフォークによって生み出されたものが、現在のイーサリアムクラシック(ETC)です。

イーサリアムから分裂したものであり、基本的な特徴は同様となります。

このハードフォークには、一部の非中央集権的な暗号通貨界を目指すコミュニティの一部により、
「対応が中央集権的な介入である」として、反発がありハードフォークを拒否しました。
その一部の技術者が新規プロジェクトとして作ったのが、「イーサリアムクラシック」なのです。

※「Code is Law」という考え方に反するとして作られた。
「ブロックチェーン上においてコードこそが法であり、支配権を持つ」という考え方です。

「Ethash/Casper」というアルゴリズム

Ethash=PoW、Casper=PoSと考えると捉えやすいと思います。
現在はEthashが採用されていますが、今後はCasperの採用も予定しているとのことです。。
イーサリアムから分裂した際に、「非中央集権という意味を無視したもの」という意見をした開発者達に作られたものであることから、
「非中央集権」であることに重きを置いています。
現状、イーサリアムは、状況によっては、多数決によって、仕様変更が可能な仕組みになっているため、ある意味で中央集権的な面があると言えます、
これとは逆にイーサリアムクラシックは「どんなことがあっても、仕様変更はしない。」という意見の元に出来た通貨です。

イーサリアムクラシックの配布

イーサリアムクラシックが誕生した時、イーサリアム(ETH)を保有していた人に対して同数のイーサリアムクラシック(ETC)が配られました。
その為、イーサリアムクラシック(ETC)が誕生したその時から保有者も多く、多くの取引所で取り扱いがあった為、結果的にはじめのうちからある程度の価値が付いたのです。

イーサリアムクラシックの強み

・良好な取引環境
イーサリアムクラシックはイーサリアムとは別のブロックチェーンに記録されている(ハードフォークが実行された2016年7月20日以降)が両者はもともと一つの暗号通貨であるため、スマートコントラクトなどの基本的な機能はに大きな違いはない。
分裂時にイーサリアムの保有と同数のイーサリアムクラシックが付与された為、通貨が誕生した時から多くの人が保有するしている。
そのためハードフォーク後には、大手取引所がイーサリアムクラシックに対応し取引できる環境が整っている。

取り扱いのあるオススメ取引所

バイナンス

 

bitFlyer

 

コインチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。