ダッシュ(DASH)の特徴

DASH(ダッシュ)とは

DASH(ダッシュ)は、仮想空間の中で現金のように決済に使われることを目的として開発された仮想通貨です。
「現金」を目指すため、決済の速さとある程度の匿名性を備えています。
2014年にローンチした時はXCoinという名前でしたが、Darkcoinという名前を経て2015年に現在のDASHになりました。

大きな特徴としては、
・ブロックチェーンによる分散管理(Decentralized Governance by Blockchain、DGBB)を採用したDAO
・マスターノードの存在
・マイニングアルゴリズム
の3つあります。

ビットコインとの違い

ビットコインの取引の承認時間の10分に対し、DASH(ダッシュ)では約1.3秒で承認が完了します。
また、資金調達の点では、ビットコインは開発資金のほとんどを募金に頼っているのに対し、DASHはマイニングのブロック報酬の一部を
運営資金としえt、回収しているので、資金調達を外部に頼らなくても済み、自立した運営が出来ると期待出来ます。

ブロックチェーンによる分散管理(DGBB)を採用したDAO

DGBBとは、Decentralized Governance by Blockchainの略で、DASHは、自身のDAOのシステムをDGBBと呼んでます。
また、DAOとは、Decentralized Autonomous Organizationの略で、日本語で「分散型自動化組織」といい、ビットコインのシステムにも採用されています。
ビットコインの仕組みは自動で動いているため、それを統治、操作できる個人はいません。マイナーやユーザーがその仕組みを支えています。

DASHのDAOがビットコインそれと違う点は、
・資金の調達方法
・運営方針の決定方法
の2点です。

○資金の調達方法

ビットコインの資金調達は、ボランティアや、寄付などに頼っています。寄付する団体の例としては、Bitcoin Foundationなどがあります。
この場合、運転資金が安定的に調達できない可能性や、人間が絡む以上、悪質な働きかけなども可能になってしまいます。
DASHの資金調達は、マイニング報酬の一部を受け取ることで補っています。具他的には、45%がマイナー、45%がマスターノード、そして10%となります。
この10%はTreasuryといい毎ブロックごとに集められ、毎月末に投票で決まる運営方針や新規プロジェクト、プロトコルの開発者やマーケターなどのコアメンバーにこの集められた資金を投入されます。
資金調達が自己完結する為、DASHは自立した運営を実現できます。

○運営方針の決定方法

ビットコインの場合、ビットコインキャッシュとの分裂問題でも、論争が非常に長引きました。
このように開発チームとマイナーで意見が対立してしまうと意思決定が遅くなってしまいます。

DASHの場合、意思決定はマスターノードと呼ばれる人たちによる投票のみよって決まります。
この投票は毎月末に、その月に提案された運営方針、財政案などに関して行われ、
賛成票と反対票の数の差がマスターノード総数の10%を超えれば可決となります。
ビットコインと比べると、意思決定権を持つ人の数が圧倒的に少ない為、決定が速いのが特徴です。
そして、この提案はネットワーク上の誰でもすることができるのも大きな特徴となります。

マスターノードが投票すると、DASHの運営がうまくいかないとDASHの価格が下がり、マスターノードであることによりもらえるブロック報酬の45%にあたる額が小さくなってしまう
というインセンティブが働きます。

この運営方針の決定方法では、意思決定が速くなるものの、少し中央集権的な側面が出てきます。

マスターノードとは

DASH(ダッシュ)にはマスターノードという人たちが存在します。
マスターノードとは、1000DASHを保有している人たちがなることができます。そして、ブロック承認報酬の45%を受け取ることが出来ます。
マスターノードの存在から、ビットコインが一般のマイナーだけによる「一層構造」というのに対してDASHは「二層構造」と言われたりします。

マスターノードは2018年2月現在4702もの数が存在し、月末に行われる開発者らからの今後の運営に関する提案に賛成か反対か投票する権利を持ちます。
その代わり、マスターノードの彼らには

・24時間ノードをフル稼働させる
・InstantSendのネットワークを提供する
・PrivateSendのネットワークを提供する

という3つのことを行う必要があります。

1つ目については読んで字のごとくですね。

○InstantSendのネットワークを提供する

DASH(ダッシュ)の大きな特徴である、送金、決済の速さを実現するのが、InstandSendのネットワークです
送金、決済といったトランザクションの承認を行うのは「マスターノード」と決めることで、
約1.3秒という承認の速さを実現しています。もはや現金を使っているかのようなスピード感の為、DASH(ダッシュ)を採用する自動販売機もあるほどです。

○PrivateSendのネットワークを提供する

PrivateSendはDASH(ダッシュ)が誰の手に渡ってきたかという履歴を追うことが出来ないという、通貨の匿名性を守る仕組みです。
PrivateSendは、複数の分割されたトランザクションを一旦ミックスしてからアウトプットすることで、誰が誰に送ったかをブロックチェーン上で確認できなくしています。
これをコインジョインやミキシングと呼びます。
送金者のコインを一度同じ箱に入れることでミックスし、その箱から受信者に送る。といった操作が行われることになります。一度ミックスすることで、実際に、受信者は、送信者の誰のDASHが
自分が受信したのかがわからないようになっています。しかし、ミックスするだけの数のトランザクションがないと匿名性は実現できない為、最低でも3つ以上のトランザクションがないと
匿名性は保たれません。トランザクションの数が増えれば増えるほど、匿名性が高くなると考えてよいでしょう。

マイニングアルゴリズム

DASHは、11種類のハッシュ関数を利用して作られたセキュリティに優れたX11というマイニングアルゴリズムを採用しています。
X11は、それ専用のマイニング機材の開発が難しく、ビットコインに見られるマイニングの中央集権化を防ぐことを狙いのひとつとしていて、現在のところは成功しています。
ビットコインマイニングのハッシュレートがたとえばAという団体(個人でも同じ)に集中しているとしたとき、
ビットコインの開発や運営にAのみが不満があるとき、Aがマイニングをやめることでトランザクションの円滑さを失わせるという行動を武器に
強いマイナーのワガママを尊重せざるを得なくなります。これを防ぐことができているのは大切なことです。
さらに、マイニングにかかる消費電力がビットコインと比べて少なくなるという特徴もあります。

取り扱いのあるオススメ取引所

バイナンス

 

Houbi

 

bittrex

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。