カルダノ-エイダ(ADA)の特徴

カルダノ・エイダコイン(CardanoADA)とは

「カルダノ」というカジノゲームプラットフォーム内で利用・発行される「ADA(エイダ)コイン」のことです。
ADAコインは、イーサリアムなどの開発に関わり、「仮想通貨の第一人者」とも言われているチャールズ・ホスキンソン氏によって手掛けられた仮想通貨となります。
一般的に「カルダノエイダコイン」と呼ばれています。ADAコインや、カルダノとも呼ばれます。

ADAコインとは

ADAコインは、ブロックチェーンを基本的な仕組みとした、株式会社アテインコーポレーションが発行している仮想通貨です。
時価総額ランキングでは「カルダノ(ADA)」と表記されています。
ADAコインの名前の由来は、19世紀に世界で初めてコンピュータープログラムを記述した天才貴族女性「エイダ・ラブレス」だそうです。
1980年代にはアメリカで「ADA(エイダ)」というプログラミング言語が作られたほどで、このことにも関連させた名前です。

カジノゲームのカルダノ(Cardano)

カルダノとは、オンラインカジノやゲームを扱うゲームプラットフォームのことを指します。
オンラインゲームやオンラインカジノの裏では、少なからずユーザーが負けるように不正なプログラミングがされているのが普通です。ユーザーにはフェアではない状態での取引であることが多いです。
オンラインカジノは透明性や公正性の確保が難しく、不正が見抜けないことから普及が進まずにいました。しかし、カルダノでは、スマートコントラクトを導入することで透明性や公正性を確保しています。
スマートコントラクトによって自動的に契約を履行することで不正を排除し、ブロックチェーンが持つ透明性によってオープンな環境を保っています。
カルダノはこういったフェアではない部分を改善するために誕生したプラットフォームであり、そのカルダノの上で使われる通貨がADAコインとなります。

ADAウォレット「Daedalous(ダイダロス)」

ダイダロスはADAコイン以外にもイーサリアムやビットコイン、そしてイーサリアムクラシックも管理することができるウォレットであり、送金速度が圧倒的に速いことが大きな特徴です。
将来的にダイダロスはゲームプラットフォームとの連携が予定されており、たくさんのオンラインゲームで使用されるコインを直接このウォレットに送金できるようになるようです。
また、最近注目度の高い、デビットカードとの連携の予定もあり現実社会との関連も進んでおり、ダイダロスの今後の展開が非常に楽しみな状況です。

スマートコントラクト「Plutus」

スマートコントラクトと言えば、イーサリアムが有名で、「契約条件」と「契約内容」をブロックチェーン上に同時に管理・実行できるシステムです。
よくたとえられるのは自動販売機で、「お金を入れたらジュースが出てくる」この一連の流れの契約が自動で行われているというイメージです。
カルダノエイダコインはスマートコントラクト「Plutus」を利用することができます。
「Plutus」は、各国の税金スキームやガバナンス、コンプライアンスといった複雑な契約も管理できる高付加価値対応スマートコントラクトです。
カルダンエイダコインのスマートコントラクトである、「Plutus」は、
カルダノ・コントロールレイヤー(CL)というアプリケーションによって、
さらに複雑で高度な契約を瞬時に記録・実行することができるとして注目されています。
Plutusはイーサリアムのスマートコントラクトを根本から見直し再設計することで、
イーサリアム以上に強固なセキュリティと、イーサリアム以上に複雑な契約を履行できるよう性能を向上させたスマートコントラクトです。
カルダノの本来の開発目的はオンラインカジノですが、このPlutusの性能を活かしてカジノ以外にも様々な機能を持つ汎用プラットフォームを目指しているとのことです。

他のカジノ関連コインとの違い

カルダのエイダ以外にも、カジノ関連のコインはあります。
例えば、エッジレス(EDG)やファンフェア(FUN)です。
これらは、イーサリアムをベースに開発されています。
一方カルダノは独自のブロックチェーンです。スマートコントラクトの名称が違うのもこのためです。(内容が違う)
カルダノは、承認アルゴリズムにプルーフ・オブ・ステークを採用しています。
専用ウォレットであるダイダロス(Daedalus)にカルダノを保管しておくことでブロック承認報酬としてカルダノを受け取ることができます。

取り扱いのあるオススメ取引所

バイナンス

 

Houbi

 

bittrex

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。