ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)は2017年8月1日にビットコイン(BTC)が初めて分裂をしたときに出来た新しい仮想通貨
ビットコインキャッシュは、様々な政治的な思惑の中で、ビットコインをより良くしていこうという目的のためにビットコインから分裂しました。
ビットコインと比較すると決済スピード(処理速度)やセキュリティに対する強化が行われている点が特徴です。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違い

分裂のきっかけ

ビットコインキャッシュの分裂はビットコインが抱えるスケーラビリティ問題がきっかけです。
通常こうしたビットコインの課題を解決する際のアップデートはUASF(ソフトフォーク)と言われるアップデートを通して実施されますが、
ビットコインキャッシュが分裂することになったスケーラビリティ問題を解決するために行われたアップデートはUAHF(ハードフォーク)という分裂を引き起こすアップデートを通して行われました。

※(ソフトフォークとハードフォークは互換性の有無がポイント → 互換性のないアップデートはハードフォーク)

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーンのブロックの容量が小さいことにより、今後ビットコインの取引量の増加が続くとデータの処理スピードがどんどん遅くなってしまうという問題です。
ビットコインのブロックチェーンのブロックの容量は1MBで、10分に1回作られますが、取引量が増加し、1MBというブロックの容量では処理が追いつかなくなりました。
そこで、ブロックの容量を8MBまで引き上げることでスケーラビリティ問題を解決しようとしたのが、ビットコインキャッシュです。
そして、ビットコインキャッシュは、リプレイアタック(ハッカーなどのビットコインネットワークへの攻撃)への対策もすでに済みであり、セキュリティ面が大きく進歩しています。

[SegWitは未実装] ただ、Segwitの実装にはデメリットがあります。それはマイナー(マイニングをしている人たち)による反発が大きいことです。
それまで使用していたASI(マイニング専用機)を使用することはできなくなってしまいます。

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュが5月15日ハードフォークを予定しています。
ハードフォーク内容は、大きく2点あります。
・ブロックサイズを32MBに拡大し、取引承認スピードを高速化する
・スマートコントラクトの基礎機能の実装

取り扱いのあるオススメ取引所

bitbank

 

Zaif

 

GMOコイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。