アルトコインの特徴を簡単にまとめた

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコイン(オルトコイン)と呼びます。

現在、アルトコインも数千を越えるほど登場してますが、ここでは、代表的なアルトコインについて

ざっくりと理解してみましょう。

イーサリアム(Ethereum)の特徴

イーサリアムは2013年にヴィタリック・ブテリンによって設計が始められた通貨です。
資金は2014年にスイスで設立された非営利団体である「イーサリアム財団」によって管理されてます。
開発は、ヴィタリック・ブリテンを中心とした、「ETH DEV」という開発者によって進められています。
イーサリアムは開発チームこそあるものの、中央集権的に管理する団体はありません。

P2Pネットワークシステム
イーサリアムは「アプリケーション作成のプラットホーム」
イーサリアムのブロックチェーンを利用して誰でもアプリケーションを作成する事ができる。
プラットホームである「EVM(Ethereum Virtual Machine)」はそのような役割を目指す。
設計理念が「ブロックチェーンを利用した柔軟なアプリケーション作成プラットホーム」
「スマートコントラクト」というテクノロジー
ブロックチェーン上に「取引と一緒に契約も残せる」」

もっと詳しくイーサリアム(Ethereum)↓

ネム(XEM)の特徴

ネムとは、「New Economy Movement」(新たな経済運動)の略称でブロックチェーンサービスを作成するためのプラットフォーム
プラットフォーム内で活用される独自通貨をXEMと呼ぶ
Proof of Imporatanceというコンセンサスアルゴリズム
ハーベスティング
スーパーノード
モザイクとネームスペース
EigenTrust++

[ネムを応用した2つのプロジェクト] ・mijin
・COMSA
・アポスティーユ
・カタパルトの実装

もっと詳しくネム(XEM)↓

リップル(XRP)の特徴

送金/決済に特化した仮想通貨
リップルというのはプラットフォームの呼称
通貨自体は「XRP」という単位
XRPは2013年12月22日に「XRP Ledger」にて発行
発行枚数は1000億XRP
リップルの最終的な目標は、「価値のインターネット(Internet of Value、IoV)」を実現すること
リップルはRipple Protocol Consensus Algorithm(RPCA)という認証方法を採用
XRP Consensusでは、認証に暗号を解くという作業をする必要がなく、検証者がそのトランザクション(送金のこと、契約)について許可を出せば認証が通る。その為、パソコンの電気代が最低限に抑えられる。
また、XRPの送金手数料(消滅する)は誰かの利益になっているわけではないので、送金を低コストで、速く行うことが可能になる。
Rippleの技術はブロックチェーン技術ではなく、分散型台帳技術(DLT)という技術
SWIFTの国際送金
中央集権的な通貨
「ブリッジ通貨」

もっと詳しくリップル(XRP)↓

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

2017年の8月にビットコインのハードフォークでできた通貨
ビットコインよりも1つのブロックサイズを大きくすることでスケーラビリティ問題を解決しようとした通貨
マイナーがつくかどうかが価格に大きく影響する
リプレイアタックへの耐性がある
ブロックサイズが8MB
マイニングによって特定の期間にブロックが一定数以上見つからないと、自動で難易度が調整される

もっと詳しくビットコインキャッシュ(BCH)↓

ライトコイン(LTC)の特徴

元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏がライトコインを公開
ビットコインの1/4の約2分半で送金が完了する
マイニングの難易度がより低く設定されている
ライトニングネットワークによる、ブロックチェーンを介さない個人間での通貨の送受信に試験的に成功
ゲーム配信サービスsteemで使われ始めた
ビットコインを金だとすると、ライトコインは銀
開発コミュニティが非常に活発

もっと詳しくライトコイン(LTC)↓

カルダノ(ADA)の特徴

「カルダノ」というカジノゲームプラットフォーム内で利用・発行される「ADA(エイダ)コイン」のこと
仮想通貨の第一人者」とも言われているチャールズ・ホスキンソン氏によって手掛けられた仮想通貨
ADAコインは、株式会社アテインコーポレーションが発行している仮想通貨
カルダノとは、オンラインカジノやゲームを扱うゲームプラットフォーム
不公平なゲーム環境を改善するために誕生したプラットフォーム
カルダノ上で利用されている基軸通貨がADAコイン
「Daedalous(ダイダロス)」とスマートコントラクト「Plutus」の2つの特徴

もっと詳しくカルダノ・エイダコイン(ADA)↓

リスク(LISK)の特徴

リスク(Lisk/LSK)は、イーサリアム(Ethereum/ETH)と同様のdApps(ダップス)用のプラットフォームとして注目されている仮想通貨
スマートコントラクトを実装
分散型アプリケーション(dApps)用のプラットフォームとして開発された
スマートコントラクトとは、「人の手を介さずに契約を自動かつ正確に実行する仕組み」
リスク(Lisk/LSK)はJavaScript、イーサリアム(Ethereum/ETH)はSolidityというプログラミング言語を使用
JavaScriptを用いているリスク(Lisk/LSK)は、より多くの人が開発に携われ、より技術革新が起こりやすい
リスク(Lisk/LSK)ではマイニングという表現の代わりにフォージングという言葉を使う

もっと詳しくリスク(LISK)↓

ダッシュ(DASH)の特徴

ダッシュは元々はダークコイン(Darkcoin)という名前だった
セキュリティに優れていて、安い手数料で早い送金ができる
匿名性が高い
取引スピード(承認スピード)が早い
マスターノードを利用している
「coinjoin方式」を採用「1対1」ではなく「複数対複数」
ダッシュの承認スピードは公式サイトによると「1秒未満で完了」
最初から承認作業をするコンピューターが(マスターノード)決まっているので高速取引が実現できている

もっと詳しくダッシュ(DASH)↓

ファクトム(Factom)の特徴

Factomはビットコインのブロックチェーン技術を応用して作られたビットコイン2.0通貨のうちの一つ
あらゆる電子データ(FACT事実)を分散し、記録、追跡、管理できるために作られたデータ管理プラットフォーム
中国にあるコンサルティング大手の「iSoftStone」と連携
米国住宅ローン市場のデータ管理において、Factom(ファクトム)のブロックチェーン技術採用が決定
ブロックチェーンを利用し、「貸付記録」、「証券」、「保険」、「医療」などあらゆる書面や記録を分散して管理、追跡、監査できる
記録管理に関する手続きを大幅に効率化する可能性を秘めている
マイニングというものがない

もっと詳しくファクトム(FTC)↓

イーサリアムクラシック(ETC)の特徴

「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」に機能性の違いはない
「安全性の高さ」が違う
「イーサリアムクラシック」の方が安全性が高い仮想通貨
発行上限枚数が無限(理論上)
Proof of Work(PoW)
「イーサリアムクラシック」が目指しているのは、ハードフォークされないイーサリアム

もっと詳しくイーサリアムクラシック(ETC)↓

オーガー(REP)の特徴

Augurの意味は【占い師】
イーサリアムのスマートコントラクトを利用した【分散型未来予想】
群衆の知恵(Wisdom of the Crowd)という特性を生かすために開発されたプラットフォーム
誰でも自由に予測の対象となるイベントを提案して予測市場をつくり、ネットワーク上に載せることができる
誰でもイベントの予測に参加できる
イベントの結果がどうなったかについて報告してくれる人達に手数料を支払うことで、予測が正しかったかどうかの正確な判断が行われるように設計されている
Augurにはレポーターと呼ばれる人たちが存在していて、レポーターは事実を認定する役割を担う
保険業界に革命を起こすと言われている

もっと詳しくオーガー(REP)↓

ジーキャッシュ(ZEC)の特徴

大手銀行JPモルガンとの提携が大きな話題となった仮想通貨
「ゼロ知識証明」と言われる「匿名性」の機能を持つ通貨
ZCASHは、取引を追跡できない完全な匿名性を実現した仮想通貨
「秘密鍵(プライベートキー)」を持つ人だけが、その取引情報を知ることができる

もっと詳しくジーキャッシュ(ZEC)↓

モナコイン(MONA)の特徴

2013年末に公開された日本産の仮想通貨
平均ブロック作成間隔:およそ90秒
1億512万枚
Proof of Works(プルーフ・オブ・ワーク)を採用
世界初のSegWit(セグウィット)採用通貨
monappyというモナコインで買い物できるオンラインショップがある

もっと詳しくモナコイン(MONA)↓

ZAIFトークンの特徴

Zaif取引所の独自トークンである。
ZaifトークンはNEMのプロトコルに組み込むかも
発行枚数:約90億枚(NEMとほぼ同じ)
はっきりとした使い道は今のところない。
45億枚がテックビューロ社保有(50%)

もっと詳しくZAIFトークン↓

4 件のコメント

  • HPお引越しお疲れ様です!
    かっこよくなっています‥(。・ω・。)

    Zaif色々とやらかしていますので、ザフトとの使い道が今後来るのかと心配です(´-ω-`)

    • 間違えてとってたドメインをつかってやりましたww
      アドセンスとって、ってゆう手順やとこれしかなかったんですよね~
      ほんと、ザイフトークンどうなりますかねぇ。タイミングが難しいところですね。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。